山田とも子=つぶやき

 山田とも子のつぶやき 山田とも子のつぶやき山田とも子のつぶやき 山田とも子のつぶやき

昼のニュースで若い女性が殺害された事件が放映された。
昨日は老人が殺害された事件で、一昨日は祖母を殺害したニュースが流れていたような気がする。

私が子どもだった頃、つまり昭和25年頃であるが、
一件の殺人事件について1年くらい放送していたような気がする。

何度も何度も繰り返し「●●殺人事件」について流していた。
そのたび、「●●殺人事件」というタイトルを耳に目にするたびに
その残忍な行為の背景にある不気味な暗い闇を想像したものだった。

当時、新聞は「貧しさゆえの犯罪」と報じていた。
そのため、そうか!豊かな時代が来れば殺人事件はゼロになるのだ、と当時の私は思っていた。

現在、日本は戦後のあの頃より、恐ろしいほど豊かになった。

しかし、事件はあの頃より多い。
多すぎて気に留めるまもなく、誰かが殺されていく。

もしもあの頃「貧しさゆえの犯罪」と報じていた評論家が存命だったら今度は何と言うのであろうか。



 




  「さいたま模様」の編集者山田とも子が
折々のことを書いています。懲りずに訪れてください 
  


大宮区報作成ボランティア(見て歩いてふれあって)

  読売新聞埼玉版 「ほのぼの@タウン」さいたま市レポート集(2004年から2017年迄) 

山田とも子の 「つぶやき」 はこちらから⇒  

も子                     BGM挿入.....


第一回さいたま模様展は、当時、第2公園の所長だった美濃輪 信さんの「大宮の貴重な自然資源である大宮第2公園に多くの人々に訪れていただき活性化させたい」という提案により「山田とも子個展」としてスタートしました。その後、第2公園五十嵐所長の共催という協力体制と、参加者の皆様のご協力により、以下で記載のような足跡を残すことが出来ました。さいたま模様展へは、どなたでも作品1点につき1000円という展示費用で参加できます。さらに、大宮第2公園の活性化に参加協力しながら、緑の足跡を残すことができます。問い合わせは大宮第二公園事務所または643-2285山田まで
第1回 さいたま模様2006山田とも子個展 第2回 さいたま模様2007三人展
さいたま模様2009展覧会 さいたま模様2010展」
さいたま模様2011展 さいたま模様2012展
 さいたま模様2011展では被災地へ義援金を送りました  さいたま模様2012展ではハンカチの木を植樹しました


のんびりとしていた1950年代の大宮駅の改札口・構内・駅前ロータリーなどが子供の頃の遊び場。
さいたま市には、3兄・4姉、義姉・義兄、たくさんの叔父・叔母、その親戚、従兄弟・従姉妹・その子ども、
その親戚、甥・姪、その子ども、甥の嫁・姪の夫、その親戚・・・混乱・・・などなど、
親戚縁者が[雨後の竹の子]のごとく増え続けている・・・。

大宮区報作成ボランティア・   氷川の杜うるおいのあるまちづくり協議会運営委員
書元会会員     写真集大宮の百年の編集に携わり、写真と文章が掲載。





写真:1950年 尊敬する両親である山﨑京蔵山﨑とく。後列右より兄の山﨑嘉一・・・7人の兄姉とともに。



1975年8月1日号の週間朝日ー「わが家のこの一枚にみる日本百年」よりー

撮影場所:旧大宮市仲町1-4519番地 大鉄組の材木置き場:加工場にて
(現在の町名は、さいたま市大宮区仲町1-60と番地が変更された)

大宮区報の「みてあるいてふれあって」レポートはこちらから

     これまでの山田とも子の「つぶやき」       
山田とも子のつぶやき 山田とも子のつぶやき山田とも子・・のつぶやき田とも子のつぶやき 山田とも子のつぶやき
 
 メニューページへ...  様TOPへ....

since 2004師走

wave 山田とも子 坂東札所巡り さいたま模様 ripple咲耶
山田雄一郎 奥の細道       

山田とも子 山田とも子 山田とも子Copyright(c)2008 Tomoko's murmur.All Rights Reserved.山田とも子 山田とも子 山田とも子