山田とも子=つぶやき凛々しい白芝犬です。


NHKの「大河ドラマ 西郷どん」を観ていたところ、
藩主に就任した島津斉彬お国入りのシーンがあった。

我が殿の行列に歓声を上げる子どもたち。
それを制する役人に、
、島津斉彬は「子どもは国の宝」と馬上から言った。




あくまでもドラマの中の台詞なのだが。
何と懐かしい言葉なのだろうとわたしは思った。

それほど、
「子どもは国の宝」という言葉を
最近の政治家の台詞には無い。


ずっと以前・・・・
似たような言葉を目にしたことがあった。
いつだったのか。
わたしは記憶をたどった。





すると、
私のおぼろな記憶が
30年ほど前にたどり着いた。

書道作品を創るにあたり紐解いた万葉集の
「銀も金も玉も何せむに 優れる宝 子にしかめやも」
という、山上憶良(660年?~733年?)の和歌である。
以来、目にも耳にもしていないと思う。




戦中、「産めよ増やせよ」とのお国の言葉があったと
母に聞いたことがある。
だがそれは、

「子どもは国の宝」
「銀も金も玉も何せむに 優れる宝 子にしかめやも」
とは全く異なる。

子どもへの「満ち満ちる愛」とは異なると思う。
戦争に勝利を収めるための人材というような気がするのだが。


「銀や金や宝石など何になるだろう。子にまさる宝がほかにあるだろうか」


真に子どもを愛しいと思う言葉。
わたしは、最近、全くと言って良いほど世間から目に耳にしない。

特に政治家には、そのセリフを言ってもらいたい。

重く・・受け止めてもらいたい。







さいたま模様トップページ


  「さいたま模様」の編集者山田とも子が
折々のことを書いています。懲りずに訪れてください 
  


大宮区報作成ボランティア(見て歩いてふれあって)

  読売新聞埼玉版 「ほのぼの@タウン」さいたま市レポート集(2004年から2017年迄) 

山田とも子の 「つぶやき」 はこちらから⇒  

も子                     BGM挿入.....


第一回さいたま模様展は、当時、第2公園の所長だった美濃輪 信さんの「大宮の貴重な自然資源である大宮第2公園に多くの人々に訪れていただき活性化させたい」という提案により「山田とも子個展」としてスタートしました。その後、第2公園五十嵐所長の共催という協力体制と、参加者の皆様のご協力により、以下で記載のような足跡を残すことが出来ました。さいたま模様展へは、どなたでも作品1点につき1000円という展示費用で参加。さらに、大宮第2公園の活性化に参加協力しながら、緑の足跡を。
第1回 さいたま模様2006山田とも子個展 第2回 さいたま模様2007三人展
さいたま模様2009展覧会 さいたま模様2010展」
さいたま模様2011展 さいたま模様2012展
 さいたま模様2011展では被災地へ義援金を送りました  さいたま模様2012展ではハンカチの木を植樹しました


のんびりとしていた1950年代の大宮駅の改札口・構内・駅前ロータリーなどが子供の頃の遊び場。
さいたま市には、3兄・4姉、義姉・義兄、たくさんの叔父・叔母、その親戚、従兄弟・従姉妹・その子ども、
その親戚、甥・姪、その子ども、甥の嫁・姪の夫、その親戚・・・混乱・・・などなど、
親戚縁者が[雨後の竹の子]のごとく増え続けている・・・。

大宮区報作成ボランティア・   氷川の杜うるおいのあるまちづくり協議会運営委員
書元会会員     写真集大宮の百年の編集に携わり、写真と文章が掲載。





写真:1950年 尊敬する両親である山﨑京蔵山﨑とく。後列右より 長兄の山﨑嘉一・・・7人の兄姉とともに。



1975年8月1日号の週間朝日ー「わが家のこの一枚にみる日本百年」よりー

撮影場所:旧大宮市仲町1-4519番地 大鉄組の材木置き場:加工場にて
(現在の町名は、さいたま市大宮区仲町1-60と番地が変更された)

大宮区報の「みてあるいてふれあって」レポートはこちらから

     これまでの山田とも子の「つぶやき」       
山田とも子のつぶやき 山田とも子のつぶやき山田とも子・・のつぶやき田とも子のつぶやき 山田とも子のつぶやき
 
 メニューページへ...  様TOPへ....

since 2004師走

wave 山田とも子 坂東札所巡り さいたま模様 ripple咲耶
山田雄一郎 奥の細道   白芝犬  清虎号はこちら    

山田とも子 山田とも子 山子Copyright(c)2008 Tomoko's murmur.               (一部の画像イラスト等は除きます))田とも子 山田と