山田とも子=つぶやき

 山田とも子のつぶやき 山田とも子のつぶやき山田とも子のつぶやき 山田とも子のつぶやき

念願の古本屋を開業した 、というラジオへの投稿を聞いたとき
「古本屋・・私も開業したい・・」と思った。
だが、新刊書と異なり、古本となると難しい。
日本は勿論、世界に至る歴史、及び広い知識と教養が必要となる。
そして・・などと、あれこれ空想しながら、

古本屋の店内や店主が重厚で茶色いイメージなのは・・
などとあれこれ・・

そのとき、私は
フランス映画に登場した小さな書店を思い出した。

主演はフランスの片田舎に住む教師という設定のアラン・ドロン。
数十年前に観た映画の記憶をたどりながらのことなので、
間違えていたらお許しいただきたい。

時折、彼は書店を訪れるのだが、求める書籍がない場合が多い。
そこで「注文」という形をとる。
「一か月ほどかかります」という店主に彼は無言で頷く。

希望の書籍を手にするまで一か月。
店主からそう告げられた彼の表情には、
「待ちわびる」というより、「待ち望むときめき」があった。


最近、欲しいものは即、手に出来る時代になった。
お断りしておくが「見合った金額」が用意できれば、
のことであるので「屁理屈」は抜きに解釈していただきたい。

わたしが言いたいのは、
便利な世の中になったその分「待ち望む」というときめきの状態が
失われつつあるのではないか、ということである。
「手にした喜びが半減」したのではないだろうか?
ということである。

 

「待ち望む喜び」ということに限定すると、
我が家の愛犬シーザー(清虎号)は、
求める人が帰り来る夕方になると、
彼が現れるであろう方向を向き、全神経を注ぎ、ひたすら待っている。

何しろ彼は文明の利器を使いこなせないので
ただひたすら待つしかない。

まさに「待ち望む」状態である。
そのため、望む姿を確認したときの喜びは素晴らしく大きいのだ。
まさに、狂喜乱舞状態である。



その純真な姿に、私は癒されると同時に、
大切にしなければならないことを
思い出すのである。


  「さいたま模様」の編集者山田とも子が
折々のことを書いています。懲りずに訪れてください 
  


大宮区報作成ボランティア(見て歩いてふれあって)

  読売新聞埼玉版 「ほのぼの@タウン」さいたま市レポート集(2004年から2017年迄) 

山田とも子の 「つぶやき」 はこちらから⇒  

も子                     BGM挿入.....


第一回さいたま模様展は、当時、第2公園の所長だった美濃輪 信さんの「大宮の貴重な自然資源である大宮第2公園に多くの人々に訪れていただき活性化させたい」という提案により「山田とも子個展」としてスタートしました。その後、第2公園五十嵐所長の共催という協力体制と、参加者の皆様のご協力により、以下で記載のような足跡を残すことが出来ました。さいたま模様展へは、どなたでも作品1点につき1000円という展示費用で参加できます。さらに、大宮第2公園の活性化に参加協力しながら、緑の足跡を残すことができます。問い合わせは大宮第二公園事務所または643-2285山田まで
第1回 さいたま模様2006山田とも子個展 第2回 さいたま模様2007三人展
さいたま模様2009展覧会 さいたま模様2010展」
さいたま模様2011展 さいたま模様2012展
 さいたま模様2011展では被災地へ義援金を送りました  さいたま模様2012展ではハンカチの木を植樹しました


のんびりとしていた1950年代の大宮駅の改札口・構内・駅前ロータリーなどが子供の頃の遊び場。
さいたま市には、3兄・4姉、義姉・義兄、たくさんの叔父・叔母、その親戚、従兄弟・従姉妹・その子ども、
その親戚、甥・姪、その子ども、甥の嫁・姪の夫、その親戚・・・混乱・・・などなど、
親戚縁者が[雨後の竹の子]のごとく増え続けている・・・。

大宮区報作成ボランティア・   氷川の杜うるおいのあるまちづくり協議会運営委員
書元会会員     写真集大宮の百年の編集に携わり、写真と文章が掲載。





写真:1950年 尊敬する両親である山﨑京蔵山﨑とく。後列右より兄の山﨑嘉一・・・7人の兄姉とともに。



1975年8月1日号の週間朝日ー「わが家のこの一枚にみる日本百年」よりー

撮影場所:旧大宮市仲町1-4519番地 大鉄組の材木置き場:加工場にて
(現在の町名は、さいたま市大宮区仲町1-60と番地が変更された)

大宮区報の「みてあるいてふれあって」レポートはこちらから

     これまでの山田とも子の「つぶやき」       
山田とも子のつぶやき 山田とも子のつぶやき山田とも子・・のつぶやき田とも子のつぶやき 山田とも子のつぶやき
 
 メニューページへ...  様TOPへ....

since 2004師走

wave 山田とも子 坂東札所巡り さいたま模様 ripple咲耶
山田雄一郎 奥の細道       

山田とも子 山田とも子 山田とも子Copyright(c)2008 Tomoko's murmur.All Rights Reserved.山田とも子 山田とも子 山田とも子