最近、自宅で1940年から50年前後に制作された、
アメリカ映画を見ている。


昨晩は、スタインベックの同名小説である『怒りの葡萄』を観た。
ジョン・フォードが監督、ヘンリー・フォンダが主演し
ピューリッツァ賞を受賞した作品である。

その前の晩は、1939年のアメリカ映画『駅馬車』を観た。
ジョン・フォード監督。主演はジョン・ウェインである。
物語の山場は、駅馬車に乗り合わせた人々と
アパッチ襲撃との決闘場面である。

総攻撃をかけてきたアパッチ族に、駅馬車の男たちは必死に応戦する。
子どもの頃観た映画と共に、座席の椅子の硬さまで思い出させてくれる映画である。

その頃の映画には、男女が手を握り合う程度で、
過激なラブシーンがほとんどない。
マナーに満ち満ちている。
清らかな場面が多い。
正義のために、というロマンに満ち溢れている。

そして、
1948
年のイタリア映画「自転車泥棒」、
現実の社会を脚色せずに描いた
代表作として有名な作品。で
22回アカデミー賞では
現在の外国語映画賞にあたる特別賞を受賞した。

ついつい引き込まれてしまう作品である。


私は映画館に囲まれた環境で育ったうえに、
生家に招待券が届くので毎週更新される映画はほとんど見ていた。

そんな環境に身を置けたのは、すべて
両親や長兄のおかげ。


充実した子供時代であったと、私なりに思うこの頃である。



さいたま模様トップページ


  「さいたま模様」の編集者山田とも子が
折々のことを書いています。懲りずに訪れてください 
  


大宮区報作成ボランティア(見て歩いてふれあって)

  読売新聞埼玉版 「ほのぼの@タウン」さいたま市レポート集(2004年から2017年迄) 

山田とも子の 「つぶやき」 はこちらから⇒  

も子                     BGM挿入.....


第一回さいたま模様展は、当時、第2公園の所長だった美濃輪 信さんの「大宮の貴重な自然資源である大宮第2公園に多くの人々に訪れていただき活性化させたい」という提案により「山田とも子個展」としてスタートしました。その後、第2公園五十嵐所長の共催という協力体制と、参加者の皆様のご協力により、以下で記載のような足跡を残すことが出来ました。さいたま模様展へは、どなたでも作品1点につき1000円という展示費用で参加。さらに、大宮第2公園の活性化に参加協力しながら、緑の足跡を。
第1回 さいたま模様2006山田とも子個展 第2回 さいたま模様2007三人展
さいたま模様2009展覧会 さいたま模様2010展」
さいたま模様2011展 さいたま模様2012展
 さいたま模様2011展では被災地へ義援金を送りました  さいたま模様2012展ではハンカチの木を植樹しました


のんびりとしていた1950年代の大宮駅の改札口・構内・駅前ロータリーなどが子供の頃の遊び場。
さいたま市には、3兄・4姉、義姉・義兄、たくさんの叔父・叔母、その親戚、従兄弟・従姉妹・その子ども、
その親戚、甥・姪、その子ども、甥の嫁・姪の夫、その親戚・・・混乱・・・などなど、
親戚縁者が[雨後の竹の子]のごとく増え続けている・・・。

大宮区報作成ボランティア・   氷川の杜うるおいのあるまちづくり協議会運営委員
書元会会員     写真集大宮の百年の編集に携わり、写真と文章が掲載。





写真:1950年 尊敬する両親である山﨑京蔵山﨑とく。後列右より 長兄の山﨑嘉一・・・7人の兄姉とともに。



1975年8月1日号の週間朝日ー「わが家のこの一枚にみる日本百年」よりー

撮影場所:旧大宮市仲町1-4519番地 大鉄組の材木置き場:加工場にて
(現在の町名は、さいたま市大宮区仲町1-60と番地が変更された)

大宮区報の「みてあるいてふれあって」レポートはこちらから

     これまでの山田とも子の「つぶやき」       
山田とも子のつぶやき 山田とも子のつぶやき山田とも子・・のつぶやき田とも子のつぶやき 山田とも子のつぶやき
 
 メニューページへ...  様TOPへ....

since 2004師走




wave 山田とも子 坂東札所巡り さいたま模様 ripple咲耶
山田雄一郎 奥の細道   白芝犬  清虎号はこちら    

山田とも子 山田とも子 山子Copyright(c)2008 Tomoko's murmur.               (一部の画像イラスト等は除きます))田とも子 山田と