山田とも子=つぶやき
山田とも子のつぶやき 山田とも子のつぶやき山田とも子のつぶやき 山田とも子のつぶやき


念願の古本屋を開業した 、というラジオへの投稿を聞いたとき
「古本屋・・私も開業したい・・」と思った。
だが、新刊書と異なり、古本となると難しい。
日本は勿論、世界に至る歴史、及び広い知識と教養が必要となる。
そして・・などと、あれこれ空想しながら、

古本屋の店内や店主が重厚で茶色いイメージなのは・・
などとあれこれ・・

そのとき、私は
フランス映画に登場した小さな書店を思い出した。

主演はフランスの片田舎に住む教師という設定のアラン・ドロン。
数十年前に観た映画の記憶をたどりながらのことなので、
間違えていたらお許しいただきたい。

時折、彼は書店を訪れるのだが、求める書籍がない場合が多い。
そこで「注文」という形をとる。
「一か月ほどかかります」という店主に彼は無言で頷く。

希望の書籍を手にするまで一か月。
店主からそう告げられた彼の表情には、
「待ちわびる」というより、「待ち望むときめき」があった。


最近、欲しいものは即、手に出来る時代になった。
お断りしておくが「見合った金額」が用意できれば、
のことであるので「屁理屈」は抜きに解釈していただきたい。

わたしが言いたいのは、
便利な世の中になったその分「待ち望む」というときめきの状態が
失われつつあるのではないか、ということである。
「手にした喜びが半減」したのではないだろうか?
ということである。



「待ち望む喜び」ということに限定すると、
我が家の愛犬シーザー(清虎号)は、
求める人が帰り来る夕方になると、
彼が現れるであろう方向を向き、全神経を注ぎ、ひたすら待っている。

何しろ彼は文明の利器を使いこなせないので
ただひたすら待つしかない。

まさに「待ち望む」状態である。
そのため、望む姿を確認したときの喜びは素晴らしく大きいのだ。
まさに、狂喜乱舞状態である。

その純真な姿に、私は癒されると同時に、
大切にしなければならないことを
思い出すのである。



  「さいたま模様」の編集者山田とも子が
折々のことを書いています。懲りずに訪れてください 
   



wave 山田とも子 坂東札所巡り さいたま模様 ripple咲耶

山田とも子 山田とも子 山田とも子Copyright(c)2008 Tomoko's murmur.All Rights Reserved.山田とも子 山田とも子 山田とも子